カテゴリ:仕事日記( 49 )

entr'acte 3.26

こんにちは、城戸です。
先週は寒の戻りもありましたが、かなり暖かくなってきましたね!
c0345259_09174873.jpg
さて、当事務所のホームページはWardPressで作っているのですが、そんな話を知人としていると、WardPressで自作しているならお勧めのものがありますよ、と教えていただいたのが『TCD』。
低コストでクオリティの高いWardPressテーマを提供してくれるブランドです。
ここは本当に充実したWardPressテーマがたくさんそろっていますね。
今のホームページはスマホ版対応になってなくて(できないわけではないのですが、イラストや図を上手く表示してくれないのです・・)、いずれどうにかしたいとは思っていたのですが、TCDテーマにはレスポンシブ対応のものもたくさんあるので、検討してみたいと思います。
c0345259_10013248.png

[PR]
by office-quartette | 2018-03-26 09:21 | 仕事日記 | Comments(0)
皆様こんにちは、
1413、石井です。

昨夜はふたご座流星群の見ごろだったとのことですが
皆様は流れ星を見つけることはできましたか?

さて、先週6日の水曜日より3日間、
研修のため東京に行って参りました。
研修の内容は、といいますと、
日本生産性本部主催の「賃金教室セミナー」。
今後ますます需要が高まるであろう
人事評価制度・賃金制度のうち後者について
特に重要な基本的な部分を
学んでまいりました。
c0345259_14571751.jpg
東京の渋谷にございます。
なぜか宿泊したのは日本橋。

専門雑誌や書籍等でそれなりに勉強はしてはおりますが、
やはり人の話を聴きながら実際手を動かして習得していく、
というのは
本を読むだけの勉強に比べ格段に効率がよい!

…のですが、

なにせ、3日間・実質的には16時間という
決して長くはない時間のなかに目いっぱい詰め込まれていますので
それなりのペースにもなりますし、
まぁ日々の復習が大変で…
ものすごく頭を使った気がします。

人事評価制度や賃金制度というのは
企業経営においては正解といえる解決方法はない分野、であり、
一方で、生産性向上の究極の手段ともいえる分野。
ですので
企業から依頼があって導入しようとすれば
それなりの時間や忍耐は必要ですし、
ただ逆にしっかり話し合い、協力し合い
手を取り合って進めていければ
三方よし、ではないですが、
会社の売上は上がり、
社員の給与は上がり、
気持ちよく報酬を頂き、と
みんなが幸せになれるもの、だと思います。

と、まぁ、
大風呂敷広げて語ってもしょうがないので、
年末に向けて、あれやこれやと忙しい日々ではありますが
隙間時間を見つけてもう一度しっかり復習したいと思います。

まずはそこからですね。

ではでは♪
c0345259_10023925.png



[PR]
by office-quartette | 2017-12-14 15:03 | 仕事日記 | Comments(0)

レッスン

とうとう2017年も最後の月に突入。
天気予報によりますと
ここ福岡は例年よりも冷え込む12月になるとのこと、
忙しい時期、体調管理には気をつけなければなりません。

昨日午後は久々に
産業保健総合支援センター主催の
「メンタルヘルス事例の対応法」セミナーに
参加してまいりました。
企業の人事担当者や衛生管理者、保健師、同業者などなど、ほぼ満席の状態で、
関心の高さがうかがわれます。
c0345259_13063010.jpg
社会保険労務士が携わる分野というのは
各種保険の資格取得・喪失手続きだったり
人事評価制度・賃金評価制度の導入だったり、
従業員のトラブル相談や職場環境の改善の相談だったり、
はたまた年金の相談もあったりします。
この時期だったら年末調整事務でしょうか?
常に最新の知識を身に着けておく必要があるわけですが

そんな中でもメンタルヘルス関係の勉強をするのはちょっと久々で、
1時間半という短い時間ではありましたが
忘れかけていたことを思い出したり、
新しい発見があったり、
と、大変有意義な時間になりました。

さて
最近当事務所では
仕事と関係が深いセミナーに参加した者は
他の事務所のスタッフに向けて勉強会をするようにしており、
今回もこの後開催する予定です。
事務所の底上げになればいいなぁ、と思いつつ、
せっせと資料作成中…
c0345259_13063169.jpg
以上、
1413、石井でした♪
c0345259_10023925.png


[PR]
by office-quartette | 2017-12-01 13:10 | 仕事日記 | Comments(0)

蝶々夫人

街路樹も赤く染まり、葉がひらひらと舞う季節、
ここ福岡もだいぶ寒くなってきましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、北九州市のとある事業所で
「個人情報」と「プライバシー」の保護をテーマに
2時間ほど講師としてお話させていただきました。

日も暮れた18時半から、というご依頼でしたが
仕事終わりの疲れた時間にも関わらず、
従業員の皆様にはしっかり聞いて頂けたようで、
いろいろ構成を考えながら資料を作った身としては
本当に有り難いかぎりでございます。
c0345259_13515937.jpg
ところで、
日本のプライバシー保護の歴史において外せないのが、
「宴のあと事件」。

時は1960年代、東京五輪を目前に、高度経済成長の真っただ中
かの文豪、三島由紀夫は「宴のあと」なる小説を世に送り出したわけですが、
その作品の中身は、といいますと、
都知事選挙を舞台にその前後のいろいろを描いた
高級料亭の女将と、元外務大臣の老紳士とのお話。
ノンフィクションならよかったのですが、
いわゆる「モデル小説」といわれるもので、
実在する人物をモデルに実際の有り様そのままを書いたから、さぁ大変!
今でいうところのストーカーのように
まるで私生活をずぅ~っとのぞき見してたんじゃないか、
という中身だったもんですから、
その人物からプライバシー侵害を理由に訴えられた、
これが世に言う「宴のあと事件」です。
日本の法廷で「プライバシー保護」と「表現の自由」が初めて争われた、
そんな話でございます。

というわけで、
セミナー資料として購入したこの小説ですが、
それだけでは勿体ないので実際に時間をとって読んでみました。
三島由紀夫というと
「金閣寺」だったり、「潮騒」が有名なのでしょうが
これはこれでわかりやすく、また読みやすい、です。
中身について云々は申し上げませんが、
「宴のあと」というタイトルのチョイスもなかなかのもんです。

秋もそろそろ終わりを迎えようとしておりますが、
皆様も「読書の秋」の最後に、
いかがでしょうか?
おすすめです。

ではでは、
1413、石井でした。
c0345259_10023925.png



[PR]
by office-quartette | 2017-11-17 13:53 | 仕事日記 | Comments(0)

polyphony

こんにちは。
久々の投稿です。

先々週の金曜日10月6日に、
ゼネラル・パートナーズ・コンサルティング株式会社主催のセミナーで、
天神渡辺通り法律事務所の弁護士、田中先生と楠田先生とともに
セミナー講師を務めさせていただきました。

c0345259_10271594.jpg
「ある日突然、訴えられる!?「使用者賠償責任」対策セミナーと題して、
中小企業の労務顧問としての仕事を通して見聞きした出来事や
リスクになりそうな事案などを元に
就業規則の意義、重要性などの観点からお話させていただいたわけです。
第1部を担当した私は、
職場づくりや準備の側面、つまり備えのお話がメインだったのですが、
第2部では弁護士のお二方によるトラブル事件、事案の概要など具体的なお話を伺うことができて、
受講者にとってもそうであるように、
私にとっても大変勉強になる有意義なセミナーでした。

最近はうつ病などの精神疾患などが増えてきています。
従業員が急に発症して休んだりすることも他人事ではなくなってきています。
何年も前に作成した就業規則では対応しきれないような案件も増えていることを考えると、
法律が改正されたから就業規則を改定するだけでは間に合わないのが現状です。
セミナーの趣旨から逸れるので講義の内容には入れませんでしたが、
働き方が変わってきている中で、人を雇う際の採用基準や採用時面談の留意点なども
変化してきていることもまた事実です。
そういった状況で、古い就業規則、ひいては古い慣習や社風、そして意識や感覚のままでは
時代に置いて行かれてしまうのではないかと思います。
リスク回避、備え、事前準備という面で常に見直しを行なうことの重要性について
考えていかなければならないのではないかな、と思いました。
c0345259_10013248.png
[PR]
by office-quartette | 2017-10-18 11:10 | 仕事日記 | Comments(0)

初見

はじめまして!
入所して数カ月の藤吉尚子と申します。

一昨日、
「使用者側弁護士が教えるうつ病社員対策」
の研修会に行ってきました。
c0345259_09083649.jpg
ところで、皆様ご存知でしたか?
福岡県の平成27年
労働審判件数:191件
この数字というのは、
東京、大阪、に続き横浜と並んで
常に全国3,4位をキープしているのだそうです。
人口比にしても多いと思います。

その労働審判内容の内訳ですが
「賃金請求(未払残業代等)」52.4%
「解雇問題」37.7%
で、特に近年はパワハラ等による
メンタル不調者が多いのが特徴だとか・・・

これは対岸の火事、他人事ではありませんねぇ~。

私自身も、
前職の部署で辞めていったパート従業員の方が労基署へ駆け込み、
本社の上層部や人事部を巻き込んで大変騒ぎになった経験があります。
その当時の上司は対応に疲労困憊で
逆にその上司のメンタル面が心配なほどでした。

企業内での解雇やメンタルヘルス対策は
身近で喫緊の課題としてとらえて、
社内の就業規則等の策定・見直し、
雇用契約書や各書式の作成・見直しなど
まずは顧問弁護士や社労士等に相談や措置対応を
事業主自らが行っていくことが必要だと話されていました。

ふむふむ。
社労士実務経験のない私にとってみては
大変有意義な1時間30分を過ごさせていただくことができたわけですが、
それと同時に改めて気が付いたことがありました。

先生のお話は私にとってはためになるものだったので、
先生の話すことがを聞き漏らすまい、
と思い書き留めていたのですが、
何せ、漢字が出てこないのです。。。

改めて自分の不甲斐なさを痛感した研修会でもありました。
c0345259_14074089.png

[PR]
by office-quartette | 2017-10-13 09:41 | 仕事日記 | Comments(0)

♩=180

暑い日が続いていましたが、
今日は久々の雨、
明日も雨のようですので
少しだけ梅雨気分。

皆様いかがおすごしでしょう?
1413、石井です。
c0345259_15202274.jpg
今日は
天神のJA福岡会館で
「個人情報保護法について」
そして
「法務リスク・コンプライアンスリスクの管理実務について」
という、わりと壮大なテーマで
介護事業所の責任者向けに2時間ほど、お話をさせて頂きました。
そう、久々に話すほう…。

労働時間の管理、だったり、各種保険の手続きだったり、
日々基幹業務として携わっているテーマであれば、
資料作りや話す内容について
色々なアイデアやヒントが出てくるものですが、

コンサルタントとして、
知っておかなければいけないことではあるけれど、
ほぼ「なんだっけ?」状態のテーマですと
一から専門書を読んだり、ネットや新聞、雑誌等から資料を集めたり
その一方で何をどう伝えたいのか?どう話したら理解してくれるか?
限られたプレゼンの時間の中で内容を構成・構築する必要があり、

ここ1週間は
近くのスターバックスに入り浸りの状態でございました。
コーヒー一杯で長居してすいません…

ま、こうやって一つのテーマについて掘り下げて勉強することは
内容そのものもそうですが、探求心を養なうことにもなり
自分の力にもなりますので
どちらか、というと結構楽しんでやるんですけどね。
c0345259_15202290.jpg
振り返ってみれば
もう少しここをこうすればよかった、とか
反省点も多々あるのですが、
それはまた次回に活かしたいと思います。

ところで
「人前で話すのって緊張しませんか?」
と聞かれることがあります。
…しません。
おそらく小さいころからの経験で舞台慣れしているからだと思います。
ただし、「焦ること」はあります。
時間が足りなかったり、パワーポイントが止まったり…

う~ん、リスクの洗い出しと評価がまだまだなようです。

ではでは♪
c0345259_10023925.png

[PR]
by office-quartette | 2017-06-20 15:20 | 仕事日記 | Comments(0)

recitativo

こんにちは、城戸です。
先週は、東京でセミナーを受けてきました。
日本生産性本部主催の賃金教室セミナーです。
渋谷駅から徒歩10分ほどの生産性ビルが会場だったのですが、田舎者の私は改札を出た途端方向が分からなくなり、人波にふらふら~っと流されて歩いてたら方向が真逆だったというオチ。
出鼻をくじかれましたが、なんとか遅刻することなく会場に辿り着きましたよ。
c0345259_14592453.jpg
さて、今回のセミナーは元々5日間かけて学ぶ内容を2日間半にギュギュっと凝縮したものだとのことで、ハイペースで進む先生の話に必死で食らいつく感じになりました。

c0345259_15010515.jpg
人事制度には資格制度、賃金制度、評価制度、などがありますが、今回の講義はそのうち賃金制度の部分でした。
初日は人事制度の全体像を押さえ、その上で賃金制度をどう分析・設計していくのかというのが全体的な講義の流れ。
先生も仰っていましたが、賃金制度を導入したから会社が変わるというわけではなく、資格制度がなければ賃金制度も意味を持たず、資格制度によって明確になった基準に基づく評価制度により本人へのフィードバックを行なうことで初めて人事制度が機能します。
賃金部分だけに目が行きがちな会社も多いですが、ではその賃金の根拠はどこからきているのでしょうか。
なんとなく‥でしょうか、社長や上司の裁量‥でしょうか。
公明正大で、よほど部下を評価する能力に優れていなければなかなか難しいのではないかと思います。
そうでなければ、納得性の高い人事制度によって評価していかなければ、せっかくの人材も育たず、悪くすれば他社へと流れて行ってしまうのではないでしょうか。

これまでにも賃金制度に関する様々な研修やセミナーを受講したり、本を読んだりしましたが、職能資格制度を基準とする合わせ技の人事制度が日本の会社には合いやすいのかもしれないという認識でいます。
これは各制度の「いいとこ取り」とも言われていて、これまでの日本社会の歴史の中では一時期、成果主義や職務給制度なども注目されてきましたが、結局日本の企業には職能給制度が使いやすいという流れになり、ただ職能給制度だけではなく成果主義のいい部分や職務給制度のいい部分などを取り入れた上で、それぞれの会社に合わせた人事制度が適切なのではないか、というのがその考え方です。
また、以前読んだ本に、菊谷寛之著「決定版!シンプル賃金制度のつくり方」という本があり、一本の賃金表によるシンプルな役割給賃金について書かれています。
評価する側も評価される側も分かりやすく運用しやすいので、こういった「分かりやすさ」という良さを取り入れるのもベターだと思っています。

2日目は、賃金分析の仕方、基本給ピッチの出し方など、より具体的な作業に入っていきました。
社内格差がないかどうかなどの問題点把握と、今後どういう賃金制度で運用していきたいのかの方向性決定。
決定した賃金制度が、移行前の実際の賃金と大幅にズレが生じていないかどうかの確認と、ズレている場合の救済措置はどうするのか、などの対応。
後半は演習問題も出てきて、ペースも一段と早くなっていったように思います。

3日目になるとさらに具体的な演習問題へと進んでいきました。
賃金レンジは開差型にするのか、接続型にするのか、重複型にするのか。
個人的にはその会社に適合すればどれでもいいとは思うのですが、ただ一般職と管理職とは開差型が望ましいと思います。
管理職と一般職とで給与が逆転してしまったら意味がないからです。
また、生計費相当分と職能部分との配分、職能部分は年功型にするのか格差型にするのか、など基本給ピッチの設計。
そして新制度移行後の個人別賃金シミュレーション。
そして各賃金表の特性などなど。

近くの席の受講者と一緒になって演習に取り組んでいくスタイルも楽しいですし、全体を通しても、大変内容の濃い充実したセミナーだったと感じることができました。

セミナーの後は渋谷駅東口を出てすぐの居酒屋「えん」で、日本酒と料理を少々。
大変おいしくいただきました。
c0345259_15295016.jpg
お通しと、愛知の日本酒「醸し人九平治」
香りがよくて優しい甘みがあります。
c0345259_15292888.jpg
「湯葉のチーズとろり揚げ」
外はサクッ、中はとろ~り。
c0345259_15292771.jpg
お酒のあてにと書いてあったので頼んでみた「水茄子と新生姜のかち割」
新生姜とからしが効いてて、確かにお酒に合いますね。
c0345259_10013248.png

[PR]
by office-quartette | 2017-06-12 17:43 | 仕事日記 | Comments(0)

プロオケアマオケ

照り付ける日差し、気温もグングンと上昇し
熱中症対策も必要となってきた昨今、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、
本日は社用車の車検証の住所変更のため
福岡県軽自動車協会に足を運んできました。
c0345259_11552330.jpg
軽自動車でいっぱいです。

ちなみに昨日は警察署で車庫証明の手続き。
別に悪いことしてませんが、
なんかミョーに緊張しますね。

ところで、
この手の仕事をアウトソーシング、となると
行政書士さんに依頼、になりますが
今回は経費削減のため自分たちで処理。
なるほど、行政書士さんは
こういう書類を取扱っているんですなぁ…
c0345259_11552298.jpg
番号札で順番待ち。その間にウロチョロしてみました。
ほう、こんな感じで検査を受けるんですね。

まぁ、やってみれば、なんのことはない
誰でもできるような手続なんですが、
それは、私共にも当てはまる話でありまして。

例えば
入社に伴う資格取得手続きや退職時の喪失手続きなど、
小さい会社で社長本人が、大きな会社でも総務や人事の担当者が
やろうと思えば、やれちゃうわけですよ。
ネット上に書類の記載例なんてごまんとあるし
行政機関に足を運べば、最近はそりゃ~丁寧に教えてもらえます。

では、
社会保険労務士に手続を依頼する理由とは?

やはり
専門家=プロ、としての信頼であり、
それはまたサービス業として
素早く!、正確に!!、丁寧に!!!
あとはそれを適正な価格でやってくれる、
というところなのでしょう。

行政書士の先生の方々も
同じように考えていらっしゃるんでしょうね。
c0345259_11545246.jpg
協会の建物内部です。手続ごとに次はあっち、次はこっち、
とカウンターの番号を案内されます。う~ん、健康診断みたい。
ちなみに行政書士の先生が当番制?で駐在しているようで代書の窓口があったり
カウンターには手続が多いのか、専用のボックスもありました。
(一部プライバシー保護のため写真を加工しています)

う~ん、
今回の件を通して
いろいろと勉強になりました(苦笑)。
もっとプロ意識を持たねば!

明日から6月、
雨の日が多くなるのかな?
そのあとは、
待ちに待ったビールの美味しい季節です。

ではでは、
1413、石井でした♪
c0345259_10023925.png

[PR]
by office-quartette | 2017-05-31 12:13 | 仕事日記 | Comments(0)

ある晴れた日に

こんにちは、城戸です。
週末に仕事で佐世保へ行ってきました。
車で約2時間、日差しが強くて少し汗ばむ夏日でした。

仕事はお昼過ぎには終わったので、佐世保市内の「牡丹園」に立ち寄ってランチにしました。
素朴な味で、地元の方にも人気の中華料理屋さんのようでした。
c0345259_13472723.jpg
チャンポン、シューマイ、小ライスのランチを注文しましたが、
このボリュームで680円は大変お得ですね。

その後、佐世保市内を一望できる弓張岳展望台へ上りました。
少しもやがかかっていましたが、天気がよかったので遠くまでよく見渡せました。
c0345259_13560533.jpg
c0345259_13560845.jpg
c0345259_10013248.png
[PR]
by office-quartette | 2017-05-22 21:06 | 仕事日記 | Comments(0)

福岡市の社会保険労務士事務所カルテットのブログです。


by office-quartette
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30