長靴をはいた猫#10

こんにちは!
ごんちゃんの長いしっぽに猫パンチを仕掛けるむぎちゃんと、猫パンチで応酬するごんちゃん。
喧嘩なんだか遊んでいるんだか分かりませんが、ごんちゃんも次第にむぎちゃんの存在を認めてきたようで。

c0345259_15211615.jpg

並んでご飯を食べる2匹。

c0345259_15211681.jpg

一緒のおもちゃで遊ぶ2匹。


9月半ばの初対面から1か月弱、
一気に距離を縮めている2匹なのでした。

さて、今回はごんちゃんの療法食と尿検査についての続編です。
ごんちゃんは、ストルバイト結晶の治療完了後、予防食へ切り替えて、1か月ごとに尿検査で再発していないかをみることになってました。
療法食はロイヤルカナンのPHコントロールライトを選び、食べていたのですが・・。
これ、ちょっと猫には美味しすぎるらしく・・。
食いつきが半端なくて・・。
ご飯ー、ご飯ー、と寝ても覚めても催促の嵐。
毎日決まった量しかあげないので、もらえないことに相当ストレスを溜めてるようで、でもだからって追加であげるのはせっかく体重管理のためにロイヤルカナンのほうを選んだ意味がなくなってしまいます。
そこで、獣医師さんに相談してヒルズのほうに切り替えることにしました。
ヒルズのc/dマルチケア(ドライ)とヒルズのc/dマルチケアチキン&野菜入りシチュー(ウェット)を気分に合わせて食べられるようにしてあげたところ、四六時中ご飯を催促していたのが収まりましたよ。
ふー、やれやれ。
そうそう、ヒルズとロイヤルカナンでは療法食に対する考え方がまったく違うのだそう。
ヒルズは水をたくさん飲むようにするのと同時にそもそも結晶ができにくくするように作られていて。
ロイヤルカナンは水をたくさん飲むように作られているけど水を飲まない猫は結晶ができてしまう、でも美味しく食べなきゃ意味がないと考えて作られているそう。
なるほど、と思いました。

c0345259_11303578.jpg
紙袋の中からこんにちは。

予防食に切り替えて約1か月、おとといはごんちゃんの尿検査でした。
ここ最近、むぎちゃんに療法食を取られたりむぎちゃんの子猫用フードを取ったりして、きちんと療法食の効果が出ているか心配でしたが、検査の結果、結晶はできていませんでした。
尿PHと尿比重が治療終了直後より少し高くなっていたので、今後も定期的に尿検査を継続していきます。
c0345259_10013248.png

[PR]
by office-quartette | 2018-10-14 15:29 | ひとり弾き | Comments(0)

福岡市の社会保険労務士事務所カルテットのブログです。


by office-quartette
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30