entr'acte 8.6

c0345259_22233925.jpg
昨日の、月227時間の残業で「過労自殺」した青年の母親が訴えというニュースを見て、長時間労働・サービス残業が、ご本人やご家族、周囲の方々に与える影響について考えさせられます。

過労死は英語でも「karoshi」と言い、世界にも通じる単語となっています。
長時間労働などで健康障害を負い、脳・心臓疾患などで突然死したり自殺したりすることなどを指す言葉。

過労死ラインは、1ヶ月当たり80時間とされており、このラインを超えると健康障害や自殺の危険性を高めるといいます。
また脳・心臓疾患の発症と、睡眠時間が1日5時間以下の場合との関係性は、医学的にも関連があるとされています。

まずはセルフチェックで、ご自身のストレスレベルを把握することから始めるのもひとつだと思います。

参考までに。
当事務所でも活用させていただいている「こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 厚生労働省」サイト。
c0345259_10013248.png

[PR]
by office-quartette | 2015-08-06 20:16 | 仕事日記 | Comments(0)

福岡市の社会保険労務士事務所カルテットのブログです。


by office-quartette
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31