<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

音楽の捧げもの

こんにちは、
1413、石井です。

さて、
最近はITの恩恵に預かりPCや携帯電話でのメールなどが連絡手段の主流となっています。
一個人として封筒やはがきを使う回数は減っているとは思いますが
ビジネスの世界においてはまだまだ現役、
毎日送ったり、送られてきたり
それはそれは大活躍しております。
c0345259_11004847.jpg
ところで、封筒に添付されているこの使用済みの切手
ただ捨てるのはもったいない、
なにか使い道がないものか?
と、あれやこれや探してみました。

すると地元のFM局が集めているとのこと、
さっそく送ることにいたしました。
小さい活動ですがこれも大切なCSR、社会貢献活動、
何かのお役に立てていただければ嬉しい限りです。

そういえば小学生のころ、
「ベルマーク」なんてのもあったけど
今でもあるんですかね?

ではでは♪
c0345259_10023925.png

[PR]
by office-quartette | 2015-03-30 12:13 | カルテットの1日 | Comments(0)

classic

皆様こんにちは♪
1413、石井です。

よくテレビなどでも言われているように
日本人が知らないことの一つに「近代日本史」があります。
教育を受けていたのかもしれませんが、
歴史というのは1年をとおして順序だてて授業があるものですから
近代日本史の内容に触れるのは3学期。
学年末や卒業前であって、あんまり頭に残りません。
鎌倉、室町、戦国、江戸といった時代の方が
華やかでよっぽど楽しかったのも理由の一つでしょう。
恥ずかしながら
私もそんなことを理由にして
明治、大正そして昭和という時代を見つめることから
避けてきたような気がします。

「正しい歴史を知り、学ぶことによってこそ、価値ある未来を築くことができる」

ってなことで、
今更ながら半藤一利氏の著書「昭和史」
を一読。
c0345259_12490339.jpg
戦争突入、敗戦、復興、そして高度経済社会ー
この昭和という時代の日本を
我々の先祖がどう針を回していったのか、
数多くの資料、当時を知る人物への取材、著者の記憶をもとに
こと細かく描かれており、
小説のようで大変読みやすかったです。

ただ、歴史を紐解こうとするとき。
時代の流れは一本で、その中に生まれた事実は一つでしょうけど、
それを捉える人間の主観や解釈が入り込むものですから、
他の本や証言などと比較検討しながら勉強しなければなりません。
そもそも当時も今も時間の単位に変わりはなく、
何十年という月日の出来事をたかだか数時間で伝聞せしめんとしようものなら、
そりゃいやでも偏よったり、はしょったりになるでしょう。

とはいえ、そういってしまっては元も子もない…

とにかく、最初の取っ掛かりとしてはよかったのではないでしょうか。
いつかまた、違う方が書かれた「昭和史」やお話をうかがってみたいと思います。

ではでは。
c0345259_10023925.png

[PR]
by office-quartette | 2015-03-22 13:01 | ひとり弾き | Comments(0)

Mathis der Maler

こんにちは♪
カルテットの城戸です。

ちょっと前に、カルテットメンバーと一緒に、イオンモールのフェイスロックスタジオさんに似顔絵を描いていただきに行きました。
お店がちょっと入り組んだ場所にあるのと、似顔絵師の方との楽しい会話で、とてもリラックスできる雰囲気でした。
3人ソファーに座って、プロの似顔絵師さんの技術がまじかで見られるという貴重な体験。
ササッ、ササッ、と軽快なタッチでどんどん筆が進む様子がすばらしくて、描いていただきながらずーっと見入ってました。

40分ほどで完成した作品が、こちら。
c0345259_16081500.jpg


カルテットメンバーの特長を的確に捉えています。
3人とも大満足。
今後、ブログやホームページに私たちの似顔絵を登場させる予定なので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そしてフェイスロックスタジオの米盛さん、素敵な似顔絵をありがとうございました!

《追記》
イラストを描いていただいた米盛亮さんのブログでご紹介していただきました。


ところで昨日の夜、福岡県中小企業家同友会に出席してきました。
こういった場所に行くと、会員の方々のお話などから刺激を受けて「がんばろう」って気持ちになれるから貴重な時間ですね。
皆さまに元気をいただきました。

[PR]
by office-quartette | 2015-03-19 16:28 | カルテットの1日 | Comments(0)

楽興の時

仕事を終えて帰り道、
たまにはいつもと違う道で帰ってみようと、
普段曲がる道の一本手前で右折、
するとそこに、なにやら「らぁめん」の看板が…
c0345259_20241943.jpg
最初は「シコク」に見えました。四国のらーめん?

夜はほとんど人気のないような場所に
この不思議な名前のラーメン屋。

おなかも減ったし、
たまには冒険してみよう、と
店に入ってみたわけです。

しかし、券売機をみてちょっとがっかり、
そこには「塩ラーメン」の文字が…。

基本的に麺は好きなんですが、
塩ラーメンだけはど~も苦手でして。
言葉で表現すると、
なんというか、フローズンを一気に食べたときの頭がギンギンする感じ、
その塩バージョン、とでもいいましょうか、
とにかく味に角がたつというか、
ま、そんな感じなんで苦手です。
…ぜ~んぜん伝わらないと思いますが。

まぁ、店の前の旗にはそう書いてあったんですけど、
気づかず入っちゃったもんはしゃ~ない、
覚悟を決めて「塩らーめん」ボタンをぽちっとな♪

待つこと数分。
塩ラーメンの登場です。
c0345259_20241980.jpg
期待もせんと、スープを一口。

…ずずっ。


なんじゃこりゃ!?

すっごくマイルドで、ぜんぜん角がない、
とてつも落ち着いたお上品テイスト、塩の加減がなんとも絶妙な感じでまろやかです。
そして中太・平・ちぢれの麺がこれまたスープにうま~く絡まってもう最高。
鶏肉チャーシューの出来も塩との相性よろしく
いや~参った、降参、うまい、の一言に尽きます。
ほんの数分で麺ペロリ。

もう少し食べれたらなぁ、と壁をみると
おや「替玉」の文字が。
塩ラーメンのお店にしちゃぁ珍しいなぁ、
しかし「細麺」ってのが気になるところ。
まぁいい、頼んでしまえ!!
c0345259_20241951.jpg
と、替玉。
とんこつラーメンに使うような
細麺が出てきたらちょっとがっかりでしたけど、
ご覧のとおり、程よい太さの細麺、
ストレートとうたっているもののそこまででもない。
テーブルに置いてある柚子胡椒、ラーメンだれ、ブラックペッパーで
ちょいとだけ味をかえて、またがっつり。

う~ん、うまい。
完全にこちらが食べられちゃった感じでした♪

たまに道を外れてみると
こんな発見もあるんだなぁ、
と、楽しい夕食とあいなりました。

ご飯付をオーダーすればお代わり&ふりかけ自由のようですし、
「鶏白湯ラーメン」や「つけめん」もあるようでしたので
今度また、食べられちゃいたい、と思います。

ではでは、
1413、石井でした♪
c0345259_20353754.jpg
「らぁめん429(シフク)」でございました。
ちなみにこの裏はポイントカードになっております。

[PR]
by office-quartette | 2015-03-18 08:59 | ひとり弾き | Comments(0)

転調

カルテット城戸です☆

午後、建設会館で行われたセミナーに出席してきました。
そこで平成27年4月1日から改正施行される無期転換ルールの特例について。

原則の無期転換ルールは、
有期労働契約が通算で5年を超えた場合に『労働者からの申込みによって』無期労働契約に転換することとなっています。
無期転換ルールの起算は平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約です。
(平成25年4月1日以降に行なった更新も含みます)

ケース①
1年契約を更新して5年を超える場合
<1年>|<1年>|<1年>|<1年>|<1年>|<1年>| <無期労働契約に転換>
※赤文字のところで無期労働契約の申込ができます。

ケース②
3年契約を更新して5年を超える場合
<3年>|<3年>| <無期労働契約に転換>
※赤文字のところで無期労働契約の申込ができます。

無期転換ルールの特例は、5年を超えても無期転換申込権が発生しないというものですが、あらかじめ計画届を労働局に提出して認定を受ける必要があり、対象者も限定されています。
対象者は
「高度な専門知識等を有する有期契約労働者」、
または「定年後引き続いて雇用される有期契約労働者」です。

「高度な専門知識等を有する有期契約労働者」には年収要件があります。
1,075万円です。
また高度な専門知識等を有するとは、専門的な知識、技術又は経験であって、高度のものとして厚生労働大臣が定める基準に該当するものを指し、具体的には「博士の学位を有する者」「医師、弁護士、公認会計士、社会保険労務士等」「システムエンジニアとしての実務経験が5年以上のシステムコンサルタント」等が該当します。
5年を超える期間で完了するプロジェクトを、具体的なプロジェクト内容とともに開始日や完了日等を届け出て認定を受けます。
(平成27年4月1日以前に開始したプロジェクトも該当すれば対象になります)

例えば、平成27年4月から7年間のプロジェクト。
特例の認定期間は上限10年ですが、この場合は認定期間は7年間。
その間にそのプロジェクトに高度な専門知識等を有する有期契約労働者として従事する場合に、特例が適用されます。

← 7年間のプロジェクト →
<1年>|<1年>|<1年>|<1年>|<1年>|<1年>|<1年>プロジェクト完了|<1年>| <無期労働契約に転換>
※赤文字のところで無期労働契約の申込ができます。

「定年後引き続いて雇用される有期契約労働者」は、
定年前に無期労働契約で働いており、定年後も同じ事業主に引き続き雇用される場合をいいます。

「高度な専門知識等を有する有期契約労働者」も「定年後引き続いて雇用される有期契約労働者」も、特例の対象者には雇用管理措置の実施が必要です。

「高度な専門知識等を有する有期契約労働者」であれば、
教育訓練にかかる休暇の付与、業務遂行の過程外における教育訓練の実施、等々いずれか。

「定年後引き続いて雇用される有期契約労働者」であれば、
高年齢者雇用確保措置のいずれかに加えて、
健康管理・安全衛生の配慮、賃金体系の見直し、等々いずれか。

高年齢者雇用確保措置とは、
 ①定年の引き上げ
 ②継続雇用制度の導入
 ③定年の廃止
のいずれかを講じることですね。

特例の対象労働者には契約締結時・更新時いずれも労働条件通知書を交付する際には、無期転換申込権が発生しない期間であることの明示が必要です。
「高度な専門知識等を有する有期雇用労働者」に対してはさらに、特例の認定を受けたプロジェクトの具体的な範囲について明示が必要になります。
c0345259_18424748.jpg

当事務所ホームページの法改正情報には有期雇用特別措置法のページを設けています。
ご参考いただければ幸いです。
 法改正情報等 有期雇用特別措置法【平成27年4月1日施行】

■参考■
 厚生労働省 高度専門職・継続雇用の高齢者に関する無期転換ルールの特例について

[PR]
by office-quartette | 2015-03-16 21:02 | 法改正情報 | Comments(0)

In Nature's Realm

先週土曜日の昼下がり、
東区の果てにある福岡女子大学へお邪魔してまいりました。
私、「女子」ではないですが…

ベニシア・スタンリー・スミスさんの講演会に参加。
ベニシアさんといえばNHKでお馴染み、
ハーブ研究家、でもありますが
今回は「自然と共に生きる」というのがテーマであります。

内容は割愛しますが、
感想として。

まぁ、便利で快適な現代の生活に慣れてしまった我々が
体によくないから、と
プラスティックだめ、ラップもだめ、レンジでチンもだめ、
あれもこれもダメ~、といわれて
いきなり道具を取り上げられたら
それはそれは窮屈な話で、…生きていけなくなるかもしれませんな。
車やスマホを取り上げられるどころの話ではない、
衣食住に直結した物の話ですからね。
しかし古の人々はそういう世界に生きてきた、ということです。
そういう体に悪いものを排除した生活を今の時代に送るというのは
時間もとられるし、経済的にも高くつきますし、非常に難しいことなんだろう、
と同時に、それを実践しているベニシアさんは
すごいな、と思うわけです。

おっしゃっていましたね、
「今の日本の人々は忙しすぎ」
もう少しゆとりがあれば、
そういう自然と共に生きる世界に目を向けられる
と、いうことでしょう。
自分で野菜を育てるとか、洗剤や石鹸をつくってみるとか…
ほかにももっと有益なことがあるかもしれません。

ま、いきなりは無理な話ですが…ね。

ではでは、
1413、石井でした♪
c0345259_14260795.jpg
他にもハーブの話あり、歌あり、日本に来るまでの話あり
日本に来たあと今日に至るまでの話あり、
ざっくばらんになんでも明るく陽気に話すベニシアさんでした。

[PR]
by office-quartette | 2015-03-15 14:31 | ひとり弾き | Comments(0)

誰も寝てはならぬ

ある晴れた午後のひととき…

お昼ごはんに
リンガーハットのちゃんぽん麺2倍を食べました。
おかげでおなかは一杯です。

午後のセミナーの会場は
とても心地のよい温度に空調が設定されています。

そんな時、
どこからともなく奴らは襲ってくるのです。

しかし、本日のセミナーは
大変重要な内容ですので負けるわけにはいきません。
c0345259_20170532.jpg
こちらへお邪魔するのは3回目です

というわけで、
昨日は
「改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度」
というお題のセミナーに参加してまいりました。
コーヒーがぶ飲みした後に。

今年12月1日に労働安全衛生法第66条の10、
いわゆる「ストレスチェック制度の義務化」
がスタートします。

政令、省令、指針が発表されていないので
詳細な部分は未だ不明なのですが
昨年の12月17日に厚生労働省から発表のあった検討会報告書をベースに、
また、講師の方が時折
「ここからは独り言ですが…」
とつぶやきながら、
こうなるであろう、という予想や
行政機関の方とのやり取りで得た情報などを交えて正味1時間半、
とても充実した内容のセミナーとなりました。

そんなわけで
お目目パッチリ、奴らに襲われることもなく…。
無駄にコーヒーを飲んでしまいました。
c0345259_20170536.jpg
この日のセミナーは早々に締め切られたらしく、席は埋まっていました。
どちらかといえば、実施者側の方が多かったようです。
TV局が取材にくるとかなんとか、事前に案内が来ましたが
来たのかなぁ?

ところで、
先日、当事務所全員で
厚生労働省の「こころの耳」ページにある
このサイトではそれだけでなく、
統計データなども充実しており、
ストレスチェック後の
「集団的な分析」や「職場環境改善」などにも
大変役立つとのことで…。

それは気づかなかったなぁ。
さっそく覗いてみようと思います。

ではでは、
1413、石井でした♪

[PR]
by office-quartette | 2015-03-13 13:47 | 仕事日記 | Comments(0)

アイネク

こんにちは。
ひと月ぶり・・な、カルテット城戸です。

私は毎晩、夕食と一緒に家で日本酒を飲んでいるんですが、昨日おとといは夕食の後『白熱日本酒教室』という本をつまみに一杯やりました。

いつも日本酒を買う時は、お店の方が商品名と一緒に書き添えているひと言とか、辛口か甘口かとか、どこのお酒か(九州か東北か関東か)なんかを目安に買うのですけど、こちらの『白熱日本酒教室』には、日本酒に関するイロイロな情報がご丁寧に解説されていてとっても分かりやすかったです。

例えば「日本酒度」。
私は単純に、+(プラス)は辛口で-(マイナス)は甘口かな、くらいを目安にしてましたが、実はもっと複雑なんですね。
水より軽いアルコールの配分が多ければプラスに寄りますし、水より重い糖分がたくさん入っていればマイナスに寄ります。
そのバランスによって+になったり-になったりするわけなので、一概にプラスは辛口マイナスは甘口とも言えないということを知りました。
確かに、日本酒度マイナスの日本酒を買ったはずなのにそれほど甘くないなぁと感じたりはしてました。
そういうことだったんですね。

それから「醸造アルコール」。
醸造アルコールはサトウキビから取るのだそうです。
サトウキビから砂糖を生成し、残った廃糖蜜と呼ばれるものを発酵させるとお酒になります。
そのお酒を蒸留させたものがラム酒になり、さらに蒸留を何度も何度も重ねてとことん不純物が取り除かれた状態になったものが、醸造アルコールなのだそうです。

醸造アルコールを添加するメリットについても書かれていて、
香りが引き出されたり、スッキリと飲みやすくなったりと、良いことづくめなのですね。
実は私は、醸造アルコールが入っていない純米系を好んで買うようにしていたのですけど、
この本を読んでなんとなく醸造アルコール入りの日本酒もどんどん飲んでみようという気にさせられました。

あと、悪酔いしない方法も。
体調が悪い日とかに日本酒を普段と同じ量飲むと、いつも翌日が悲惨なことになってました。
カルテットメンバーたちにも大変なご迷惑を・・すみませ~ん。
日本酒と同量の水を飲むと良い、くらいのことは知ってはいたのですが、
この『白熱日本酒教室』によれば、飲んだお酒の倍以上の水を飲むようにしたほうがいいらしいです。
倍以上・・お腹がたぷんたぷんになりそうですね。

ほかにもいろいろなことが書かれてましたので、私のような日本酒初心者にはおススメの本です。
あと2、3回は読み返したいなぁ~と思ったら、
図書館の貸出期限が迫っているではないか!
もう一度借りなおして読もうかしら・・。

c0345259_09204327.jpg
昨日飲んだやつ。

c0345259_09204845.jpg
こっちは先々週飲んだ(最近お気に入りの)新政酒造の『亜麻猫』。
ピリピリっと酸味が強くてとっても甘くて美味し~い!

[PR]
by office-quartette | 2015-03-12 12:06 | ひとり弾き | Comments(0)

divertimento

皆様こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

本日は多忙な代表に代わり
厚生労働省福岡労働局が主催する
「派遣と請負の区分基準に係る適正化推進セミナー」
に行ってまいりました。
c0345259_19450636.jpg
内容については…
う~ん、全く表題のとおり。
前半と後半の2部形式でしたが、
まず前半。

昭和61年4月17日に
「労働派遣事業と請負により行われる事業と区分に関する基準を定める告示」
という、いわゆる「第37号告示」という有名な告示が出されました。
そしてこれについてのQ&A集が発表されているのですが
(平成21年3月と平成25年8月の2回発表されています)
今回はそれを図にして分かりやすく説明をする、
また
実際にあった違反事例のあらまし、問題点そして改善方法の発表、
といった内容でした。
c0345259_19450669.jpg
後半は現在の「労働者派遣法」の概要と、
今回の国会に提出されるであろう改正案の概要を
簡単に説明して頂きました。
社労士試験にも派遣法は範囲に含まれているのですが、
なんせ「労一」、
結構忘れてしまっている部分もあり、ちょっと冷や汗。
復習しなければ!!
…と、はい、反省。

前半の話を聞きながら、
ず~っと昔のことになりますが、
「偽装派遣?偽装請負?」
「雇用関係がないから、職安法44条、労基法6条で訴えられるんじゃない?」
「下請いじめだ!公取行こ、公取!」
な~んて血気にはやっていた頃の自分を
ふと懐かしく思い出しました。
いやぁ、若気の至り…
それが今こうして、この仕事をしている、
人生って面白いものですね。

木曜午後の昼下がり、
楽しい時間を過ごせました♪

ではでは、1413、石井でした。

[PR]
by office-quartette | 2015-03-05 19:49 | 仕事日記 | Comments(0)

しょすご

カレンダーをめくり、
3月になりました。
当事務所も5カ月目に突入!

この度、ブログのデザインスキンも変更してみました。
う~ん、イメージ変わりますね。
(スマホ版は変わらないみたいですね)
変更いたしました(3月6日更新)

ところで
棚を購入したり、ファイリングの方法を変えたり、と
ハード面、ソフト面の両方で
「業務の標準化」、「作業の効率化」に
目下取り組み中の当事務所なんですが、

私も、喫茶店や家で隙間時間に仕事ができたらなぁ、
と思うところがありまして、
このほどパソコンを購入しました。
c0345259_11323662.jpg
箱からして小さいです

個人的には根っからのソニー党なので
VAIO(もう別会社ですけどね)がいいんですけど
最近のソニーはどこへ向かってるかわからないのでちょっと敬遠気味、
しかも、そんなにご立派なパソコンが欲しいわけではない…
c0345259_11323620.jpg
なんで、中身はもっと小さい、しかも軽い!

そういうわけで、2台目のEeePC、
ASUSのX205TAを選択。

重さは1kgを切っていますので
持ち運び用パソコンとしては申し分なし、
赤色を選択できるこのデザインは結構好きです。
SSDはモデルチェンジで32GBから64GBで倍にUPしたので
空き容量もあまり気にしなくてよさそう。
バッテリの持ちも10時間以上と十分すぎるほど。
CPUとメモリのスペックが少し気になりましたが、
Officeなどのビジネス用途なら、いやいや、さっくり動きます。

いやぁ、値段以上によくできていると思いますよ。
c0345259_11323692.jpg
おなじみの画面。
初めてのwindows8なので
悪戦苦闘しております。

前回購入したEeePCから5年たちますけど、
それ以上の技術の進歩を感じますね。

これで革命的な仕事の効率化をもたらすことができれば!!

…って、あとは自分の努力しだいですね、
がんばります。

いぬ、にげる、さる…
3月もあっという間におわるのかなぁ

以上、1413、石井でした♪

[PR]
by office-quartette | 2015-03-01 16:31 | ひとり弾き | Comments(0)

福岡の社会保険労務士事務所カルテットのブログです。


by office-quartette